勇気を出した婚活の挑戦で幸せをゲットしました

結婚が視野に入る年齢になっていました、、

恋人が欲しいのに恋愛経験が乏しく自信がない、そうこうしている内に結婚が視野に入る年齢になっていました。
このままでは一生独身という言葉が頭をよぎり、孤独に生きて人生を終えることを想像して恐ろしくなりました。
今ならまだ間に合うと自分に言い聞かせ、奮い立たせるように婚活に挑戦することにしました。
知人とのカラオケでも緊張する自分が、初めて合う人と話しをできるのか、それが自分にとっての壁だと思い続けています。
その結果、スムーズな会話というものがネックになり、今の今まで恋人ができなかった感じです。
勿論、自己表現の努力や会話の引き出しを増やすなど、自分なりに努力はしたつもりですが、それでも理想の結果を得ることができませんでした。
婚活はいわば自分にとっての再挑戦の場で、同時に最後のチャンスになり得る機会だといえます。
まずは身近な人との会話を増やそうと考え、しばらく連絡を取っていなかった友人や、コミュニケーションが乏しい職場の人に話し掛けました。
これだけでもかなりの勇気を要しましたが、やはりある程度は相手を知っている間柄なので、過度な緊張は発生しませんでした。
逆に、そこそこ会話ができる人と話をしても、初対面の相手と上手くいく保証にはならないと思いました。
どうしたらトレーニングになるかと考えあぐねていたところ、久しぶりに連絡を取った友人から合コンの誘いがありました。
今まで何度か断っていたので、正直にいえば消極的なお誘いでしたが、自分は修行のつもりで2つ返事でOKしています。
それが友人には不思議だったようで、何かあったのかと尋ねてきました。
友人に他言無用と伝えた上で、婚活に挑戦することや自分の欠点を克服が必要だと打ち明けました。
すると友人は、結婚という言葉が出たことに驚き、自分もできる限り力になるといってくれました。

婚活市場、特に結婚相談所は女性に厳しく男性に優しすぎやしないか

女性に妥協しろと言う前に男性のレベルを底上げしろよ

そうすれば女性は妥協しなくて済むんだよ

何で下に合わせなきゃいけないんだ
下を上げろ

— あぐ@婚活垢 (@2zcdIbnJqToiP9L) 2019年9月28日

結婚が視野に入る年齢になっていました、、何時しか緊張が解れて自然に振る舞えるようになっています合コンで相性の良い人と運命的に出会い幸せを得る結果に繋がりました